So-net無料ブログ作成

エボラ出血熱が富山薬品工業の『ファビピラビル』で治癒!!日本はこのインフル薬で救世主となるかもしれない! [ニュース]

リベリアへの治療活動で
エボラ出血熱に感染してしまった
フランス人の女性看護師に対して

富士フイルム傘下である
「富山薬品工業」のインフル薬
『ファビピラビル』
を含む3種の薬を投与したところ
(米国・カナダの未承認薬も同時に使用)

エボラ出血熱は治癒

フランス人女性看護師は退院したと

フランスのメディアが発表しました。

これは世界的ビッグニュースです!!

そこで
富山薬品工業が開発したインフル薬
『ファビピラビル』について
少し調べてみました。


スポンサーリンク



『ファビピラビル』はどんな薬なのか?



日本では承認されているインフル薬



この『ファビピラビル』(アビガン)は

実のところ
日本ではインフルエンザ治療薬として
承認されています。

アメリカでは未承認なので「未承認薬」
という表現となっているそうです。

米国で臨床試験をしてから使用するのは
時間が掛かりすぎてしまいます。

現在、承認作業を急いでいるようです。


薬の効果



この『ファビピラビル』という
インフルエンザ治療薬は

実は…
ウィルスに直接働きかける薬ではありません。

『ファビピラビル』は
インフルエンザウィルスの増殖に必要な
「酵素」の働きを抑える薬です。

インフルエンザウィルスに限らず
全てのウィルスは増殖に「酵素」が必要なので
エボラウィルスにも効果がある
ということです。


有名なインフルエンザ治療薬『タミフル』
同じ効果を持っているのですが、

感染してから2日以内に使用しないと
効果が減少してしまうのが難点です。


エボラウイルスに感染した人の大半が
いつ感染したのかよくわからないのです。

その点に関して『ファビピラビル』は
優れているとのことです。


この薬の優位性



『ファビピラビル』は錠剤の薬です。

そして最大の長所は
大量生産が比較的簡単だという点です。

米国で開発されたZMapp(ジーマップ)という薬は、
生産の準備が整っていないのもありますが

現時点でたった10人程度の準備しかできません。

これではどんな優秀な効果があったとしても
感染者全員に行き渡らせるのは無理があります。


その点『ファビピラビル』は既に
2万人分もの在庫を準備しているようです。

日本政府も
WHOや医療従事者の要請があれば
超法的提供の用意があると表明しています。


日本は救世主となれるのか?



今、アフリカを中心に
爆発的な感染を広げているエボラ出血熱

10月4日のWHOの発表では
亡くなった方が3439人
感染者が7492人とのことです。

『ファビピラビル』が
エボラの特効薬であって欲しい!

そして、
一刻も早く感染者の手元に届いて欲しい!

私一個人としてはそう願うばかりです。


今後の日本政府の対応に注目です。



10/18追記

10月18日のWHOの発表では
亡くなった方が4555人
感染者が9216人とのことです。

感染が拡大してますね(T_T)

何とかならないものか…


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © タカPの独り言 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。